FC2ブログ

激辛唐辛子日記 あらため チビ水晶

 今まで、トウガラシのことを書いていましたが、飽きてしまったので、石ころの中にある、小さな水晶の写真をのせます。
 

梅干の中に

梅干の中に
梅干
梅干がすっかり乾いて食塩の大きな結晶ができていました。

食塩の結晶
大きく育った結晶を撮影してみました。
スポンサーサイト



 
 

廃鉱山に行ってきました。

廃鉱山に行って来ました。

2019_05_26_08_18_37 ZS PMaxPSE
ズリ場に落ちていた小石を拾ったら、方鉛鉱らしきものがありました。
画面の向かって右端や左上のほうには黄色いものがあります。
黄鉄鉱か黄銅鉱かもしれません。

ZS PMaxPSE_cut
方鉛鉱、黄銅鉱、黄鉄鉱以外は石英らしいので、石を裏返したり、撮影倍率を
かえたりして、アチコチを見てみました。
そうしたら超小型の水晶を見つけました。やはり母岩は石英でした。

方鉛鉱などが入っていた石を探したのですがこの一個しか
見つけられませんでした。

 
 

チビ水晶さがし

麒麟山酒造の裏の川原2
2019_05_22_125812 ZS PMaxPSE
矢印の近くに針のように細い水晶が写っています。
アルプス地方で細い水晶が取れると聞いたことがあります。

 
 

津川まで行ってきました。

阿賀野川の支流常浪川

2019-05-09-13-50-42 PSE_cut

麒麟山酒造のすぐ裏手の川原で石を拾いました。
拾った石には、けっこう沢山のチビ水晶が付いていて、
今後の記事の材料に困ることはなくなりました。
清酒「麒麟山」は大好きです。
 
 

若干汚れ有り

春の川原で石拾い
20190506
暖かくなり、川原で石拾いをする気も起きるようになりました。
このチビ水晶は若干汚れています。汚れを落とすには希塩酸に漬けておけ、
という話を聞きますが、なにか怖そうです。(この水晶の太さは多分1mm弱です。)

 
 

石英がちょっとでも棒状に見えれば

石英がちょっとでも棒状に見えれば勝手に水晶と呼びます。
ここで見えているガラス様のものは水晶とよばせていただきます。
Pse目盛りCut
 
 

前回と同じ石から

前回と同じ石から

前回と同じ石の中からの水晶です。
画面向かって右下の太い(とは言っても1mmほど)のは水晶です。
画面向かって左上の黒い物は前回と同様何だかわかりません。
20190131
 
 

黒いのは?

黒いのはなんだろう

文字の周囲にある透明な部分はおそらく
石英だと思います。
そのほかの薄黒い細長いのは何でしょう?
着色した水晶でしょうかね~
pse_Cut.jpg
 
 

水晶がいっぱい

水晶がいっぱい1mmCut
中国製の顕微鏡で撮りました。画面がザラザラしてますね。
5000円ではこんなものでしょうか。

丸
この石英の脈に水晶がいっぱい入っています。
 
 

窪みの中の水晶

窪みの中の水晶
20190106-1
黄色味がかった水晶が窪みの中にいっぱい。

20190106-2
円の直径は13mmくらいです。
 
 
FC2カウンター
 
プロフィール

唐辛子男

Author:唐辛子男
唐辛子の栽培報徳をしていたのですが、飽きてしまいました。
道端に落ちていた小石の中に小さな水晶が入っていました。
これは面白いと思い川原などの石を拾ってきては写真を撮っています。

 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
月別アーカイブ
 
話題によるカテゴリ
 
種、品種名によるカテゴリ
 
文字時計
 
カレンダー+最終更新日
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
リンク
 
QRコード
QRコード
 
メールフォーム
ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

Top
Copyright © 唐辛子男 / Designed by Paroday